自分と同類だと思わない

性質

おはようございます、Sayakaです

みなさんは、自分の意見を相手に伝えたときになかなか理解してもらえず「もういい、この人とは合わないんだわ!」と思ったり

話が合う友達ができたら「この人は私と合うわ♪」と思う事ってありませんか?

もちろん私にもそういった感情はありますので「この人とは合わないわ」と感じることは多々あります

以前の私であれば「この人私とは合わない」の後に「だってこんなに性格悪い人となんか一緒に居たら疲れるから」や「だって私の好みとは違うから一緒にいる意味がわからない」と続けて思って時にはイライラしていた時もありました

ですが、自分自身を大切にし始めてから「あ、だって同じ人間だけど育った環境や一緒に居た人が違うからそりゃあ合わない部分もあるの当たり前だよな」と思えるように変わりました

以前の私は友人とお買い物に行っても「私と好み全然違うからなんか疲れるわ」と思っていたこともありましたが、今は友人が服を見ている間「あ、じゃあ私あそこのお店にいるから後で合流しよう」と気兼ねなく提案できるようになりました

そこで、「えー、意見聞かせてほしい」「さやかも一緒に見てよー」という友人から言われれば、一緒について見るという流れに変わり、それがきっかけで人間関係も上手くいっているのではないかな と感じています

自分だけが疲れる

自分だけ我慢して苦しい

と思っている人間関係は、無意識のうちに相手に伝わっている事もあります

お互いの限られた時間のためにも自分の気持ちが向かないなら断る という選択もとても大切だと感じます

それで「嫌われたらどうしよう」「つまらない人間だと思われたら」「悪口を言われたらどうしよう」と感じてしまったら「でも自分が疲れるのに一緒に居る意味って何だろう」と考えて離れるのも一つの手だと思います

人の好き嫌いが激しい人は何歳になってもどの人であってもジャッジし続けるし

悪口を言う人はずっと言い続ける

人のことをコントロールしようとする人は、本人が変わりたいと心から思わない限りずっと相手をコントロール使用とします

一番簡単なマインドの変え方は

「あ、こんな人間もいるんだなぁ」

です

で、我が道を行きましょう

私を含め、みんなが見ている世界はちっっっっっっっっさいんですよね

それを感じながら、今日は「あ、こんな人間もいるんだなぁ」と面白がって見てくださいね

では

いってらっしゃい♡

ひとりじゃないよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました